メンタルケアは見た目が9割
*
ホーム > 夜眠れない > 去年の夏ですが、夜眠れない事が多々あり改善しました

去年の夏ですが、夜眠れない事が多々あり改善しました

去年の夏ですが、夜眠れない事が多々あり改善しましたので、その時の話をしましょう。

去年の8月上旬の事でした。

何故か仕事で疲れていても夜が眠れなくなりました。

こんなケースは初めてでした。

眠れたとしても1、2時間で何故か不思議と目覚める。

目覚めたら中々寝れず朝になる。

昼休みに仮眠はできましたが、また仕事が終わり家に戻り夜ベットで寝ても同様な事が約1週間続きました。

体の疲労も次第に蓄積し、頭も仕事中は冴えてますが終わると帰宅するまでぐったりし頭痛もしてくるようになりました。

あつい過酷な夏でしたがこのまま続くと心身ともに支障をきたしそうで怖くなりました。

色々と原因を考えて、思い出してみました。

丁度お盆休みに入りました。

特にスマートフォンのやり過ぎやPCの使用はそれほどではありませんでしたが、夜は10時以降は一切使わないと決め触れませんでした。

先月仕事がお中元の時期でとてもハードで帰宅時間が遅くなったり、その疲れを引きずっているという事も何となくわかりました。

寝る時間も7月は遅かったので、どんなに遅くても0時までにはベットに行き休みました。

アルコールは1週間に1回しかのみませんが、ちょっと辞めました。

後は身体の背中や腰、足に疲れもあったのでスーパー銭湯や温泉に行き体を癒しました。

更に仕事の事をなるだけ忘れて家族と小旅行したり遊んだり食べたりしました。

更に休みで帰郷してきた学生時代の友達と再会し話したりしてストレス解消に勤めました。

お盆休みが終わり数日したらまだ少し体の疲れは抜けなかったけど夜眠れ、朝スッキリ起きることができるようになりました。

仕事のストレスや暑さで体や頭のバランスが少し乱れたかもしれません。

こういった時は一旦原点というか、生活習慣を見直すことが必要だと今回の体験を通じて思いました。

北の大地の夢しずく